三国志

実際の関羽の容姿・外見は?身長やヒゲの長さは?赤兎馬のその後は?演義と正史との比較・ちがい…三国志の真実

河東郡解良県の人。もとの字は長生。 身長九尺。髯の長さは二尺。通称美髯公。顔はくすべた棗(なつめ)色。唇は紅をさしたかのように赤く、目は切れ長。蚕が伏せたような太く堂々とした眉を持つ。 演義の関羽黄巾討伐の義勇兵募集の高札が縁で知り合った...
キングダム

楽乗(がくじょう)、軍神・楽毅の一族で、廉頗に次ぐ趙の大将軍【キングダム 漫画と史実の比較】

漫画『キングダム』の楽乗軍神・楽毅の一族で、廉頗(れんぱ)が趙三大天だった頃のナンバー2。20年間共に戦った廉頗を逆賊として追うが敗戦。 史実の楽乗 楽間との誼で、燕→趙へ楽乗は長年燕に仕えた名将楽毅(がくき)の一族で、楽毅の子である楽間(...
ガンダム

5分で読める!機動戦士ガンダム第21~25話までのあらすじ(放映日・脚本・演出・絵コンテ・作画監督も)

第21話 激闘は憎しみ深くランバ・ラル隊の攻撃により、多くのクルーを失ったホワイトベースは、修理もろくに進まず立ち往生していた。 そんな中、重傷を負ったリュウは再びアムロを独房に入れたブライトを心配し、みんなの気持ちをまとめようと努力する...
サッカー

やっぱりイマイチ?!アーセナル2019/20の知らないかもしれぬ3つの数字…少ないゴール数、ドローばかり…

アーセナルの2019/20シーズンについてあなたが知らないかもしれない統計を「sky sports」が紹介していたので、翻訳/意訳しておきます。やっぱり好調とは言えないし、今季残り頑張ってもチャンピオンズリーグへの道は厳しい?! わずか40...
三国志

闞沢(かんたく)、周瑜・黄蓋と協力して曹操を退け、のちに陸遜を推挙した呉の知将【三国志 演義と正史の比較】

演義の闞沢 呉の将。字は徳潤。会稽郡山陰県の人。孫権の招きに応じてその補佐をした。 貧しい家の出身で勤勉、しかも弁が立ち剛胆という人物で、黄蓋とはもっとも親しかった。 また、学問が好きで働きながら本を読み、一度読んだことは忘れなかった。...
三国志

関索(かんさく)、諸葛亮の南征で活躍し孟獲帰順にも活躍した関羽の三男【三国志 演義と正史の比較】

関羽の三男とされる蜀の猛将。 諸葛亮の南征では王平とともに主力を担い、張翼、張疑を捕らえて臣従させた。 しかし正史に登場せず、南征以降は演義からも忽然と消えるため、架空の人物とされる。 近年上海で明時代の物語『花関索伝』が発見され、研...
三国志

韓暹(かんせん)、曹操と対立し袁術に頼るも、呂布に寝返り、最期は関羽と張飛に誅殺される【三国志 演義と正史の比較】

もともとは黄巾賊の一派だった「白波の賊」の頭目だった。 李傕郭氾の軍に都が荒らされると、献帝を守って落ち延び、その功で征東将軍に任じられた。 演義の韓暹董承、楊奉らとともに行動していたが、台頭著しい曹操を嫌って対立。 楊奉と組んで曹操を...
三国志

毋丘倹(かんきゅうけん)、司馬懿配下で活躍、曹芳廃帝には司馬師に怒った魏臣【三国志 演義と正史の比較】

字は仲恭。姓は毋丘の2文字。河東郡聞喜県の人。 反乱者退治に活躍した父の爵位を継承。自らも荊州や幽州、豫州の刺史を歴任。 幽州刺史の時、遼東の蛮族を鎮圧し、公孫淵の反乱を曹叡に通報し、緒戦に勝利する。 続いて司馬懿の指揮下で遼東を平定...
三国志

韓玄(かんげん)、劉備に対抗も黄忠を疑い魏延に斬られた長沙太守【三国志 演義と正史の比較】

長沙の太守。曹操の部将・韓浩の兄。荊州平定を目指す劉備に対抗した。 演義の韓玄生来短気な男で、簡単に人を殺した粗暴な人物とある。 襄陽の大将だった魏延は、劉備を入城させるために荊州の劉表の補佐官蔡瑁らに反抗しようとするが、手勢を討たれたた...
三国志

韓浩(かんこう)、曹操からも高評価だった夏侯惇配下の魏将で、演義では仇敵黄忠に返り討ちにあう【三国志の真実】

字は元嗣。魏の将。兄は長沙の太守韓玄。 演義の韓浩新野の劉備を討伐する夏侯惇に、干禁、李典、夏侯蘭とともに副将として従う。 博望城で曹操軍は、諸葛亮の策により大敗。韓浩は張飛と出くわし、命からがら逃げのびた。 その後蔑萌関で援軍の将とし...
三国志

関興(かんこう)、関羽の次子で張飛の子・張苞とは義兄弟!諸葛亮の北伐でも活躍【三国志 演義と正史の比較】

蜀の将。関羽の子。父譲りの猛将。 演義の関興 関羽の次子。張飛の子・張苞と義兄弟となり (張苞が兄)、コンビで活躍する。 関羽が晋口川で軍を撃ち破った際に陣中を見舞い、功労者の昇官を劉備に伝えよとの関羽の命を受けて成都部に向かい、役目を果...
三国志

韓遂(かんすい)、馬騰の義兄弟で、その子・馬超とは賈詡の離間の計により亀裂【三国志 演義と正史の比較】

演義の韓遂涼州の盟主。献帝に密かに鎮西将軍に任ぜられ、西涼の太守・馬騰とともに密詔を奉じて、李傕らを討つべく長安に攻めのぼった。敗走して追いつかれるが、同郷のよしみで見のがしてもらう。 義兄弟の馬騰が曹操に殺されると、その子馬超と共に曹操...
ガンダム

5分で読める!機動戦士ガンダム第16~20話までのあらすじ(放映日・脚本・演出・絵コンテ・作画監督も)

第16話 セイラ出撃 レビル軍の連絡員と接触したホワイトベースは、マ・クべの鉱山を攻撃するオデッサ・ディの作戦に参加するため、カスピ海を渡ることになった。 そんな折り、艦内の塩が底をつくいう報造を受けたブライトは、塩の採れるカ...
ガンダム

5分で読める!機動戦士ガンダム第11~15話までのあらすじ(放映日・脚本・演出・絵コンテ・作画監督も)

第11話 イセリナ、恋のあと恋人ガルマの死に泣き崩れるイセリナ。しかし、彼女はそのまま悲しみにくれているような女性ではなかった。 ガルマの部下ダロタ中尉を従え、亡き恋人の復讐に立ち上がるイセリナは、 ガウでホワイトベースに挑む。 その頃...
三国志

司馬徽(しばき)、劉備の不遇の理由を説き、諸葛亮の存在を教えた水鏡先生【三国志】

字は徳操。道号は水鏡先生。 劉備は、蔡瑁から命を狙われ、単騎で逃げて来るが、途中、司馬徽の屋敷で一泊することになった。 司馬徽は、劉備が今不遇なのは、側に人材がいないからだと話す。 劉備に詳しく問われると、伏竜と鳳雛のふたりのうち、ひ...
三国志

何進(かしん)、霊帝との外戚を利用して権力を握った後漢の将軍【三国志】

字は遂高。後漢の霊帝のときの大将軍。 もとは豚殺しを生業にしていたが、妹が霊帝の後宮に入り、自身も出世。 妹は皇子弁(のちの少帝)の母・何皇后。 黄巾族の馬元義を討ち、霊帝に賊討伐の詔を出すように願い出て慮植・皇甫嵩・朱儁の3人の将軍...
三国志

管亥(かんがい)、孔融のもとにいた太史慈単騎脱出を許し関羽に斬られた黄巾族の残党【三国志 演義と正史の比較】

演義の管亥黄巾賊の残党。食糧が豊かだとの評判を聞いて、強奪するために賊軍数万を率いて北海の太守である孔融を攻めた。 しかし急を聞いた劉備が派遣した関羽に、あっけなく斬り殺され、孔融は救われた。 正史の管亥黄巾賊を率いたこと、北海を攻めたこ...
三国志

関彝(かんい)、関羽の孫・関興の子で関氏の家督を継いだ人物【三国志 演義と正史の比較】

蜀の五虎将筆頭で、曹操、孫権など一国の君主とも肩を並べる一世の英雄である、関羽の孫。 関興の子で、関羽の血統を継いだ関統とは、腹違いの兄第になる。 演義の関彝蜀のの漢寿亭侯だったとされている。魏の兵士に殺された、とだけ記述がある。 正史の...
三国志

華雄(かゆう)、袁紹が盟主の連合軍を苦しめるも曹操推挙の関羽に斬られた董卓配下の巨人【三国志 演義と正史の比較】

演義の華雄関西の人。身の丈九尺の巨人。董卓配下で巨躯を誇り、猛々しい勇姿だった猛将。 董卓が袁紹を盟主とする連合軍を氾水関で迎えうつ時に、「呂布殿が出るまでもない」と名乗りをあげた。 華雄「呂布殿、鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや、このわ...
三国志

華佗、関羽を治療し曹操の頭を切開しようとして殺された神医【三国志 演義と正史の比較】

沛国譙の人。広陵の太守・陳登の病気を、 赤い顔のぬるぬるした虫を吐かせて治した話は、正史にも見られる。 演義の華佗会稽の郡吏・虞翻の紹介で診察を行ない、孫策の幕下の董襲の槍傷を治し、重傷で危篤状態の周泰を救った。 孫策が許貢の食客三人に襲...
三国志

賈範(かはん)、公孫淵に斬首されたが、司馬懿に評価された将【三国志 演義と正史の比較】

遼東の太守公孫淵幕下で副将を務めた人物。 遼東の公孫淵の副将。公孫淵が燕王を惜称し、鶴に対する反乱を起こそうとした際、参軍の倫直とともにこれを諌める。しかし聞き入れられず、斬首された。 演義の賈範買範は「魏には、諸葛亮でさえ勝てなかった司...
三国志

雅丹(がたん)、曹叡に依頼され諸葛亮の北伐と戦った西羌の丞相【三国志 演義と正史の比較】

西羌の丞相。大王、徹里吉から大軍を与えられ、魏の軍として蜀軍と戦った。 演義の雅丹魏の曹叡に蜀を攻めるようにと依頼された徹里吉の命を受け、15万の軍勢をもよおして越吉元帥とともに西平関に向かって、諸葛亮の北伐軍と戦う。 はじめ有利に戦いを...
三国志

賀斉(がせい)、孫策・孫権に仕え威容を誇った豪将【三国志 演義と正史の比較】

字は公苗。会稽郡の山陰の人。 演義の賀斉記述なし。つまり『演義』には登場しない。 正史の賀斉正史によれば山越の反徒たちを討伐するのに功を挙げた呉の武将であったという。 その勇名は反徒・蛮族の間に轟いていた。刃を封じる呪術を使う反徒たちを根...
三国志

賈充(かじゅう)、司馬昭の腹心として魏帝曹髦を殺し晋の功臣に【三国志 演義と正史の比較】

字は公閣。魏の将にして司馬昭の腹心。建威将軍・賈逵の子。手足となって司馬氏を助け、野望の達成に忠実に協力した。 演義の賈充蜀討伐をはかる司馬昭に対し、まだ機が熟していないことを言い、反心を抱く曹髦を誅殺。蜀征服後は、成都に入り人心を落ち着か...
タイトルとURLをコピーしました