世界のニート率、末路にはお国柄が…



定義「ニート(NEET)」とは、就労せず教育や職業訓練も受けていない若者(15~34歳)。ただし、以下のデータでは国によって年齢の幅に多少の違いはある。

ニート率とは、各国の15~34歳人口に占めるニートの割合である。

世界のニート率 Top 5 (2017年)

1位 マリ 98.0% 2012年に内戦が勃発

2位 イエメン 44.8% 2012年に内戦が勃発

3位 コートジボアール 36.0% 2010年に内戦が勃発

4位 イラン 34.4% アメリカの制裁、若年失業率28.8%

5位 南アフリカ共和国 31.2% 人種問題、若年失業率53.4%

世界のニート数 Top5(2017年)

1位 インド 5606.1万人 識字率6割、カースト制度

2位 パキスタン 1146.9万人 低賃金、女性の低い社会進出

3位 インドネシア 935.7万人 経済成長の鈍化

4位 ブラジル 808.0万人 景気後退、奨学金制度の縮小

5位 バングラデシュ 751.5万人 労働法制の不備、低い教育水準

先進国のニート数・ニート率(2017年)

アメリカ合衆国 527.9万人 13.8%

イギリス 77.4万人 10.3%

ドイツ 53.2万人 6.3%

フランス 86.3万人 11.5%

イタリア 117.5万人 20.0%

カナダ 54.8万人 12.6%

日本 43.0万人 3.5%

参考文献:世界国勢図絵2018/19年版



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする