保険は会社員40代独身に必要だったのか?破



2医療保険なんていらない

次に保険の定番・医療保険です。入院給付金1日5千円×入院日数が支払われたりする保険です。僕はいくつかの特約(入院一時金やらがん心筋梗塞脳卒中といった三大疾病の特約やら先進医療特約やら)を付けて月々約3500円を払っていました。

でも解約しました。その理由は国の社会保障制度で十分だとやっと気がつけたからです。

まず医療費の自己負担率ですが、6〜69歳で3割です。それでも1ヶ月100万円とかかかってしまったら、月に30万もの大金が必要になってしまうじゃないかって…大丈夫です。高額医療費制度があって自己負担限度額が設けられているのです。年収によっても異なりますが、年収450万ならば、月に100万円かかっても負担は8万7千円程度です。貯蓄で何とかできる金額ですよね。

そもそも国の政策で入院日数が短期化されているため、現在、入院の半分以上は10日未満です。1ヶ月以上の入院者は全体の2割もいません。

さしあたって健康体である僕が支払っていた3500円は貯蓄した方が、掛け捨ての医療保険なんかより、ずっと自分の命と生活を守ることになると気づいたのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする