ロナウドもルカクも流入!セリエA復活?!イタリア・サッカー界が再び盛り上がってきた理由




サッカー
なぜセリエAのクラブに活気がもどってきたのか?イングランドやスペインはもちろん、ドイツやフランスの後塵を拝していたイタリアが、2019/20シーズンならばルカクのようなワールドクラスともいえる選手が獲得できたのか?

中国マネー!

ACミランをはじめとして潤沢な中国マネーによってクラブの経営基盤は年々増強されています。インテルの南京マネーもその一例でしょう。

税金がお得!

つまり外国籍選手に対する税制上の優遇です。
2020年以降に適用だが、年間183日以上過ごさない、北部の外国籍選手の税率が47%から30%に、南部が44%から15%になるというものです。高所得の外国籍サッカー選手を税制で優遇する法律と言えるでしょう。
スペインの高所得外国籍選手は43%(南部アンダルシアと北東部カタルーニャでは48.5%を支払っていますし、イングランドは45%、日本は40%ですから、他国と比較するとイタリアの安さは明らかです。
以上、「ロナウドもルカクも流入!セリエA復活?!イタリア・サッカー界が再び盛り上がってきた理由」でした。
タイトルとURLをコピーしました