ジョアン・フェリックス、メッシと一触即発!スアレスとも口論




サッカー

VSメッシで場外乱闘

サウジアラビアで行われたスペイン・スーペル・コパ(スーパーカップ)準決勝アトレティコ・マドリードがバルセロナを破り決勝に進出しましたが、こな試合の前半終了間際に、ジョアンフェリックスとメッシの小競り合いがありました。

きっかけ

発端はジョルディ・アルバとジョアン・フェリックスのいさかいでした。ジョルディ・アルバが、ジョアン・フェリックの審判への抗議を、人差し指で非難することから始まりました。

メッシも感情的に

しばらくして、この火を消そうとして、さらなる緊張を作り出したのは、バルサのキャプテンであるレオ・メッシでした。

どうやらメッシは〝エルニーニョ〟を脅しにきたようにも見えました。何を言われたかは分かりませんが、それに対してジョアン・フェリックスは勇敢に立ち向かいました。

スアレスまで

それからはスアレスをはじめ複数の人々が入り乱れて大騒ぎになりました。その結果、スアレスとサウルがペナルティをもらいました。

まとめ

個人的な意見ですが、ジョアンフェリックスに対するメッシの態度は、歴史上最高のフットボーラーとしては大人気ないなと思いました。また、ジョアン・フェリックスも、感情のコントロールがまだうまくできず、若いなと思いました。

ジョアン・フェリックスは、この瞬間まで公式戦19試合4得点(リーグ2点CL2点)、リーグ戦13試合連続無得点でストレスそしてプレッシャーが大変だったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました