ジオンのモビルスーツ メーカー各社



ジオニック社 ツィマット社 M.I.P(エム・イー・ペー)社
半国営企業として人型兵器モビルスーツ(MS)を初めて開発 推進装置の技術ではトップクラスで、局地戦を得意とするMSを開発 水陸両用MSやモビルアーマーといった変わり種を開発
ザク、グフ、ゲルググ、アッガイ ドム、ギャン、ゴッグ、リック・ドム ズゴック、グラブロ、ザクレロ、ビグロ

MSデザインの違い

そう言われてみると、モビルスーツのデザインに各社の違いがある。ジオニック社はザクを基本線としたデザイン、ツィマット社は西洋中世の騎士のようなデザイン、M.I.P社は生物的なデザインである。

3社の技術の結晶としてのゲルググMS‐14

1年戦争後期の名機・ゲルググは、ジオニック社を中心として3社が共同開発したモビルスーツである。ジオニック社にはない技術で作られたビーム兵器や、ガンダムをしのぐスラスターを装備していた。

ガンダムをも凌駕するゲルググの性能

ゲルググ 名前 ガンダム
19.2メートル 全高 18.0メートル
42.1トン 重量 43.4トン
73.3トン 全備重量 60.0トン
1440キロワット ジェネレータ出力 1380キロワット
61500キログラム スラスター総出力 55500キログラム
6300メートル センサー有効半径 5700メートル

なかんずく装備が優秀である。ジオン初にして唯一のビーム兵器装備のMSである。1440キロワットの高いジェネレータ出力があるだけに、ビーム・ライフルとビーム・ナギナタを標準装備することが可能になったのである。

(参考文献:『ガンダムの常識』双葉社、『機動戦士ガンダム戦の機密』猛獣舍)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする