サッカー戦術初心者、審判についての名言を学ぶ!




サッカー戦術(勉強中)

サッカー=人生

Jリーグ第19節はDAZNで2試合を見ました。松本山雅FCvs湘南ベルマーレ、サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島。そして両方の試合で、ミスジャッジ?!誤審?!と思える場面がありました。

ともにオフサイドをめぐる判断でした。松本山雅の前田大然のオフサイド判定、広島のセットプライからのノーオフサイド判定です。どちらもなんで?って憤りましたが、すぐに冷静になって次のように考えました。

(最近はVARなども導入され、人間のジャッジをさらに〈神の視点〉で再判断するようになっていますが、)人が判断するからこその理不尽さみたいなものも、サッカー=人生のような感じがして僕は嫌いではないなぁ…

サッカーは人生そのものだ。人生から逃げられない。
イビチャ・オシム(元日本代表監督)

もちろん応援しているチームが審判のミスによって不利を受けるのには憤りをおぼえますが、それもサッカー=人生と思えば、次の瞬間にはさらにサッカーが好きになります

審判についての名言

そこで今回は、ミスジャッジに関する、あるいは審判の誤審に対する、サッカーの名言を調べてまとめてみました。

間違いは誰でも犯す。その間違いもまた、サッカーの一部なのだ。

ピエルルイジ・コッリーナ(イタリアのサッカー審判員)

我々にレフリーは必要なかった。

それでもルールを受け入れ、彼らを支持した。

スタンリー・マシューズ(イングランド代表のウイング)

サッカーを難しくしているのは、我々人間である。

ドゥンガ(ブラジル代表キャプテン)

人生にVAR判定など無いのですね。

参考:『ボールは丸い。サッカーの真理がわかる名言集』内外出版社

タイトルとURLをコピーしました