ヴィーガンとは?



バスケのBリーグに参戦している外国人について調べていたら、東京八王子ビートレインズクリアンソニー・アーリーという選手を知った。なんでもアーリーは自らを「ヴィーガン」と公言しているらしい…

「ヴィーガン」って何だ?

「ヴィーガン」(vegan)は動物製品を使用しない絶対菜食主義者。菜食主義に主眼が置かれているわけではない。動物から搾取しないという点が重要。食べ物だけでなく、動物を使った製品全てが忌避される。肉はもちろん卵や牛乳も口にしない、ウールや毛皮を使った製品を身につけない。ということは、例えば牛革のソファでもくつろがないのだろう。

ベジタリアンとの違いは?

ベジタリアンは肉や魚こそ食べないが、卵やチーズ、牛乳は口にする、またバターやハチミツもおいしく食べる。しかしヴィーガンはそれらを一切口にしない人たちである。

「ビーガン」の市場拡大しており、アメリカではバイオ技術を使った本物そっくりの「肉」ビジネスが活況だし、欧州ではマクドナルドもビーガン向けバーガーを発売したという。そして日本でもジワリと拡がりをみせているらしい。

ただしアメリカやイギリスでもそうらしいが、ファッションとして消費されているきらいがある。「ビーガン・ダイエット」とか「ビーガンファッション」とか

ヴィーガンの最終形態

ちなみにヴィーガンの他にも、食のミニマリストというべき主義があるらしい。まずはあのスティーブ・ジョブズもそうだった「フルータリアン」名前の通りフルーツと種子しか食べないナッツ食べられるの糖質ダイエット状態かな

次に液体食しか食べないリキッダリアン」固形食を食べず、飲み物だけから栄養を摂取すること。腸内環境が整い疲れない体になるらしい

そして最後に「ローヴィーガン」ヴィーガンにさらに縛りをつけて生物しかたべない主義。自然の食材は4648度で加熱されると破壊される食物酵素(消化を助け新陳代謝を促進する働き)が多いらしい。だから食べ物の加熱や発酵はNG。ヴィーガンの上位互換ですね。

自然保護が味方で、ファストフードが敵、日本では、糖質ダイエットグルテンフリー、そしてミニマムな生活の延長線上って文脈に位置付けられそうだ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする