アムロって何歳?ガンダムのキャラの年齢について



今日ではよく知られているように、機動戦士ガンダム、いわゆるファーストガンダムにおけるホワイトベースの乗組員、とりわけ主要登場人物は未成年ばかりだった。

一年戦争時、いったい登場キャラクターの当時の年齢はいくつだったのだろう?何才で戦争の渦に巻き込まれたのだろうか?

アムロ15歳

ブライト「子供です!子供がガンダムに乗っているんです!」
パオロ艦長は「初陣にはやや若すぎるが、古来、15、16歳の出陣がなかったわけではない。若い君たちに期待する」

パオロ・カシアス艦長、さすがである。機動戦士ガンダムは、一般人それも少年少女たちが戦争に巻き込まれていく、その後よく見られることになるストーリーだが、その名バイ・プレイヤーになっている。

パオロ・カシアス中佐は、ホワイトベース初代艦長で、新造艦ホワイトベースを率いてサイド7に向かった。同地でテスト中だったガンダム、ガンキャノン、ガンタンクを受け取るためであった。

その際に、ジオンの急襲を受けて負傷するも、生き残った、ブライトをはじめとする士官候補生たちに的確な指示を与え、ガンダムなどモビルスーツの回収に成功、同艦を無事脱出させた。

ブライト19歳

アムロの父であるテム・レイらとともに、ホワイトベースに乗ってサイド7にやってきた地球連邦の士官候補生。のちにホワイトベースの指揮をとるブライトだが、もとはザクの急襲によって生き残った数少ない軍人の一人に過ぎなかった。

ミライ18歳

ミライ・ヤシマ。シュウ・ヤシマの娘。財閥の令嬢で、サイド6にはカムランという許婚までいる。

もともと宇宙飛行士を夢見る才媛で、15歳の時に飛び級でカレッジに進学。その後、スペースクルーの免許を取得し、父とともにサイド7に訪れている。(『THE ORIGIN』)

一年戦争時には、18歳で未婚なのに、ホワイトベースの「お袋さん」で母性を象徴する。優れたバランス感覚で、迷うブライトを導いた。

年齢との関連では、第17話「アムロ脱走」に入浴シーンがある。アムロは「ぼく見てません」

リュウ18歳

リュウ・ホセイ曹長。パイロットの候補生。18歳ながら、アムロら未熟な現地重用兵を助け、その精神的な支柱となった。

第21話「激闘は憎しみ深く」では、重傷の身をおしてコア・ファイターで出撃、ハモン率いるラル隊のマゼラ・トップに捨て身の体当たりして散った。18歳とは思えない、軍人としての死であった。この功績により2階級特進。

ちなみに『THE ORIGIN』では、レビル艦隊所属のパイロットとして登場。偵察中にドズルの艦隊に遭遇し、報告するが、味方が対応できず、ジオンの急襲を許した。

宇宙世紀とは?

未成年の少年少女がこんなに活躍してしまうなんて、年齢をはるかにこえたような言動をするなんて、宇宙世紀は今とずいぶん常識が違うように感じる。

そもそも宇宙世紀とはどんな時代なのか?何年後なのか?西暦で言うと何年なのだろうか?

わき道にそれるが、調べてみた。

U.C. ユニバーサル・センチュリー

現在の延長線上にある、未来の世界の物語である。

宇宙世紀とは今から何年後の世界のことなどだろうか

宇宙世紀元年、宇宙世紀の始まりとは、人類が最初に宇宙、すなわちスペース・コロニーに移住し始めたときのことである。

それは人類にとって革新的な出来事であり、人類は西暦を教えて、新たな年号に移行することとなった。

しかし、それから約80年後の宇宙世紀0079年「機動戦士ガンダム」の舞台である1年戦争が勃発している。

それではこの宇宙世紀元年と言うのは西暦何年か、西暦で計算すると何年なるだろうか?

本作の監督である富野監督がごく初期に企画書を書いた時点で、時代設定が明記されていたんだ。その時代は西暦2066年。その後企画が進み、宇宙世紀という時代表記にとって変わったのである。

セイラ17歳

話を戻そう。

ホワイトベースに乗る前は医学生、そして『THE ORIGIN』ではサイド5ミランダで弾圧されたジオン派市民の負傷者を救護している。

ファーストガンダム初登場時は「軟弱者!それでも男ですか!」とカイにビンタを食らわせた。ちなみに殴られた方のカイは、一歳年上の18歳である。

もともとアムロと交友ののあったフラウとハヤトはそれぞれ15歳カツ・レツ・キッカの3人はそれぞれ8歳・ 6歳・ 4歳

ジオンのキャラの年齢

さてジオンの方を少し見ておこう。
シャアの年齢は20歳キシリア・ザビは24歳だ

(参考文献:『ガンダムの常識』双葉社、『機動戦士ガンダムの機密』猛獣舍)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする