ガンダムは最初3機だった、そして8機になった…



アムロのガンダムと同じ姿の機体

RX‐78‐1

通称プロトタイプガンダムという試作機。劇中では、シャア襲撃の際にアムロが見ていたマニュアルに登場。サイド7で破壊されたと考えられる。

RX‐78‐2

アムロが駆った1機。「2」は2バージョン目であることを指している。

RX‐78‐3

マグネット・コーティング時のバージョン。3号機は余剰パーツとして扱われたと思われ、小説版ではグレーの塗装とマグネット・コーティングが施され、G‐3ガンダムとして登場している。

4号機から8号機

RX‐78‐4

宇宙戦用に特化。大出力のメガ・ビーム・ランチャーを装備。

RX‐78‐5

4号機に準じるが、ビーム・ランチャーの代わりに大型のガトリング・ガンを装備。

RX‐78‐6

アムロの戦闘データを採用した初の機体。火力も大幅強化。

RX‐78‐7

装甲を強化したバージョン。

RX‐78‐8

詳細不明。

(参考文献:『ガンダムの常識』双葉社)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする