食と健康

これが結論!コーヒーは健康に良いか?悪いのか?35万人の分析からわかった分かれ目!1日何杯なら害が?

いきなり結論です。350,000人の分析では、1杯または2杯飲むと心血管疾患から保護されると結論付けられています。一方で、6杯を超えると同じ心血管疾患を発症するリスクが高くなります。 具体的には次のようになります。いくつかの研究で、1日...
サッカー

インテルの“闘将”コンテ監督がイタリアメディアから「喧嘩」を売られた結果…「CLに向いてないのでは?」「3バックでは無理なのでは?」

2019-2020UEFAチャンピオンズリーグが始まるにあたって、インテルのコンテ監督は、イタリアのメディアから、次のように喧嘩を売られました。 イタリアメディア「リーグ戦(セリアAやプレミアリーグ)では、平均勝ち点が1試合で2.2、そ...
サッカー

ランパードが語る、チャンピオンズリーグとプレミアリーグの試合の違い

監督としてチャンピオンズリーグ初采配をした、チェルシーのレジェンド、フランク・ランパード監督。次のように、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの試合の違いを語っています。 「私には自信がある。だけどチャンピオンリーグずリーグの舞台には常...
サッカー

【欧州注目記事】 C.ロナウドがメッシを破りたいと告白した記録とは?

クリスティアーノ・ロナウドは、バロンドール賞の数でメッシを破ることにのみ関心があると言います 34歳の彼は、過去10年間、フットボールの最大のライバルであるロガーヘッドにいます ロナウドとメッシは、それぞれ5回のバロンドール賞...
サッカー

シャビの評価は意外?!メッシ、ロナウドの次の「世界最高」はムバッペ サラー ネイマールでなく、シティのあの選手!

バルセロナのレジェンドから、ラヒーム・スターリングは、ロナウドとメッシを引き継ぐプレーヤーの1人として認められました。 シャビは、マンチェスター・シティのウィンガーは、ムバッペ、サラー、ネイマールとともに、メッシとロナウドの支配を終わら...
ミニマリスト

欧州でもこんまりメソッド!ドイツ式🇩🇪ミニマリズム 初心者向けの3つの方法

ライフスタイルとしてのミニマリズムは、最低限の生活必需品のために空間を空けるための、意図的な放棄を意味します。しかし、物を手放すことはしばしば困難です。 以下にお話しする、ドイツのウェブサイトで見つけた、いくつかのヒントは、今日から数週間...
サッカー

【原文から翻訳そして私訳】E.アザールが語る、マドリードとチェルシーのサポーター比較【サッカー=人生であるスペイン】

エデン・アザールが、試合に負けた時の、レアルマドリードとチェルシーのサポーターの反応の違いについて述べました。 28歳のアザールは、1億3000万ポンドで、この夏のサンティアゴベルナベウへの移住を完了しましたが、ロスブランコ...
ミニマリスト

ドイツ式!ミニマリストになる方法【あるドイツ人ブロガーのミニマリズム宣言】

世界中の、ミニマリズムを信奉するミニマリストは、豊かな消費者社会で、ますますシンプルな生活を楽しんでいます。 ドイツに住むマイケル・クルンブが(2017年から)6年前に大々的に物を捨てたり大掃除を始めたりしたとき、彼の母親はそれがつかの間...
サッカー

ドログバ自身が語った!チェルシーのコーチとして復帰しない!たった1つの理由

ディディエ・ドログバは、指導者として古巣チェルシーに戻る気はないようです。 ドログバはスタンフォードブリッジで4つのプレミアリーグタイトルを獲得しました。 しかし、チェルシーのレジェンドのディディエ・ドログバは、コーチとして以前のクラブに...
サッカー

マンシティ撃破!ノリッジのパスサッカー!そこで、クロップDNAファルケ監督、点取り屋プッキ、若き天才肌カントウェルについて調べてみました。

イングランドプレミアリーグ第5節ノリッジ・シティvsマンチェスター・シティ、3-2でノリッジ快勝。シティはやはり、他のメガクラブ同様に、各選手にインターナショナルマッチ明けの疲れが残っていたのでしょうか、ミスがありましたし、いわゆる「FI...
サッカー

モウリーニョが解説!ランパードが監督としてチェルシーで成功する理由

モウリーニョは、元イングランド代表が監督として成功できると信じているようです。ランパードが、クラブにマネージャーとして復帰してから数か月経ちましたが、ブルースで成功するために必要なすべてのものを持っていると主張しています。 またモウリーニ...
サッカー

ファン投票の結果!プレミアリーグ各クラブのサポーターが選ぶ絶対負けたくない嫌いなクラブTOP5!ライバル チーム ランキング!

プレミアリーグのすべてのクラブには、少なくとも1つは感情的になる、強く意識する相手チームがあり、激しいライバル関係を持っています。 David Dubas-Fisherの調査「The League of Love and Hate」で各ク...
サッカー

スールシャール監督自身が明らかにした、今期マンチェスター・ユナイテッドが多くのPKを獲得できている理由

マンチェスター・ユナイテッドの監督、オレ・グンナール・スールシャールは、彼のチームが今シーズン多くのペナルティを勝ち取っている理由を明らかにしています。 ユナイテッドはすでに2019/20プレミアリーグシーズンの5節までで4つのペナルティ...
サッカー

今さら聞けない?!堂安律のPSVっていうクラブについて知っておきたい4つのこと

フィリップス社の「P」 「PSV(ペー・エス・フェー)」は、バイエル製薬がオーナーであるドイツのバイヤー・レバーグーゼンや、最近であれば清涼飲料水でおなじみレッドブル社のRBライプツィヒなどと並んで、ヨーロッパではあまり多くない企業...
サッカー

長友佑都が今だに(そしてこれかも)欧州の第一線=CLレベルで活躍できると確信できる理由

なぜ?現役日本代表DF長友佑都は、今だに、そしてこれかも欧州の舞台で活躍できるのでしょうか。そこ答えはズバリ!無尽蔵の運動量と現代サッカーへの適性です。えっそれだけ?それだけです!でも、これこそが長友を世界でも希有な存在にしているのです。...
サッカー

9番が「10番」の仕事もする!メッシ型か、ルカク型か、ロナウド型か…近年のストライカー事情【現代サッカーの常識】

近年、昔のブラジルって言う背番号10番。つまり点が取れるミッドフィルダーが減少。その一方で、9番で「10番」の仕事ができるストライカーが増加! 9番=10番ストライカーの3タイプ ①メッシ型 ドリブルで仕掛けて点も取れるが、同じくらいアシ...
サッカー

「鎌田のためにポジション作った!」鎌田大地に対するフランクフルトのヒュッター監督の最高評価と大きな期待

「鎌田大地のためにこれまでは(ヒュッター体制のフランクフルトには)存在しなかったポジションを作った」 「フォワードの後ろでプレイができて、ゴールも脅かせる」 「まだゴール前で落ち着きが少し足りないかもしれないけ...
サッカー

今さら聞けない?!酒井宏樹のマルセイユっていうクラブについて知っておきたい5つのこと

ラグビーのモットー?! 「OM(オーエム)」こと、フランスの「オーランピック・ドゥ・マルセイユ (Olympique deMarseille)。 1892年に、マルセイユの前身となる総合スポーツクラブがルネ・ドュフォール・ドゥ...
食と健康

とにかく健康!ミルクダイエット:牛乳との7日間で早く危険なく体重を減らす方法【モノダイエット】

単一成分の食事はますます人気が高まっています。ダイエットに「問題」はなく、すぐに結果が出ます。「モノダイエット」とは、の本質は何ですか?数日間、あなたは1つの製品のみを摂取し体重を減らしますことです。そしてモノダイエット製品の提案の多くは...
サッカー

なるほど納得!酒井高徳が指摘するドイツとの決定的な差【Jリーグのレベルとヴィッセル神戸の問題点、さらにイニエスタについても】

ヴィッセル神戸の酒井高徳が、ドイツブンデスリーガとJリーグとの決定的な差について述べていましたので、文字起こししてまとめておこうと思います。
サッカー

ファンダイクの名言 2度の挫折をのり超えて【世界最高のCBへの道】

ディフェンダー史上初UEFA年間最優秀選手賞、リバプールのオランダ代表フィルジル・ファン・ダイク。その成長の過程での2度の挫折とそこから得られた哲学を彼自身の言葉で語っているプログラムがあったので、文字起こししてまとめておこうと思います。
サッカー

今さら聞けない?!武藤嘉紀のニューカッスルっていうクラブについて知っておきたい4つのこと

なぜ「ユナイテッド」? ニューカッスルの正式なクラブ名は、「Newcastle United Football Club」です。なぜ「United(連合・統一)」なのでしょうか?クラブの歴史と関係します。 1881年11月、ニューキャッス...
サッカー

今さら聞けない?!中島翔哉のFCポルトっていうクラブについて知っておきたい5つのこと

FCポルトをつくった人は? 「FCポルト (Futebol Clube do Porto)」は1893年に誕生しました。 初代会長のニコラウ・デ・アルメイダは、ポルト名産の赤ワイン「ポートワイン」の輸出業者でした。 彼が仕事でイングラン...
サッカー

ロナウドもルカクも流入!セリエA復活?!イタリア・サッカー界が再び盛り上がってきた理由

なぜセリエAのクラブに活気がもどってきたのか?イングランドやスペインはもちろん、ドイツやフランスの後塵を拝していたイタリアが、2019/20シーズンならばルカクのようなワールドクラスともいえる選手が獲得できたのか?
タイトルとURLをコピーしました